3/23(木)東野祥子さんによる「振付/構成の考え方 動きの考察その1」ワークショップ


3743

コンテンポラリーダンサー・振付家の東野祥子さんによる「振付/構成の考え方—動きの考察その1」ワークショップを
スタジオアムリタで開催することになりました。
コンテンポラリーにおける振付・構成の考え方は、ダンスの他ジャンルにおいても役立つことと思います。

【日程】3/23(木)19:30~22:00(2.5H)
【会場】 Studio Amrita ノースB1スタジオ
【受講料】 3500円(会員チケット+500円)

お申し込みはコチラ

★内容★
*身体の基礎—ストレッチ、エクササイズ
*振付/構成の考え方—動きの考察その1

ストレッチ、エクササイズ ーーーー自分の動きを見つめるワーク。身体をじっくり伸ばしながらメンテナンスし、インナーの意識で身体を変えていきます。
ダンサーのためのストレッチテクニックを用い、様々なエクササイズで身体の基礎トレーニングを行います。

振付/構成の考え方—動きの考察その1
自身の特性を客観視し、動きなどが自由に発想できるように、いろいろな視点から振付を考案していく方法を検証します。漠然としたイメージを身体で表現できうように、様々な方法を試してみます。

☆プロフィール☆
東野祥子(ひがしのようこ)・・・ANTIBODIES Collective振付家・ダンサー。10歳からダンスをはじめる。’00-’14まで「Dance Company BABY-Q」を主宰。国内外の劇場やフェスティバルにて舞台作品を数々発表。ミュージシャンと即興セッションを多方面で展開する。トヨタコレオグラフィーアワード、横浜ソロ×デュオ〈Competition〉+などで大賞を受賞。2015年、京都に活動拠点を移し、「ANTIBODIES Collective」を音楽家のカジワラトシオと結成。名前は「『抗体』の集合体」という意味を持つ。多ジャンルなアーティストとともに大掛かりな舞台作品制作やパフォーマンス、インスタレーションなど全国並びに海外にて他数実践している。またダンサー育成のダンスWSや学校アウトリーチなども精力的に展開し、地域の活性化に根ざした活動を実践している。時に「HE?XION!」で洋服のデザインや「HOLY-C 60」としてアンダーグラウンド音楽シーンでも活動中。
http://antibo.org/

Comments are Disabled